クオリテッィク株式会社 HOME
クオリテックでは日本で最初に Curl 言語を導入、実用アプリケーションを開発しました。
そして今はまた、スマートフォンや簡易GPS機器を利用した動態管理クラウドシステムを
挑戦的な価格でご提供しています。
ホーム プロダクト サービス ニュース カスタマー 会社概要 Curl書籍紹介
ISMS(ISO27001)取得
 
iHere動態管理クラウドシステム
 
ブック
 
Curlプログラミングバイブル
リッチクライアントWeb言語 完全解説
Curl Curlプログラマー向けの本格的な解説書

 

 
お客様の声
ケーススタディ
 
社長TV
 
採用情報
お問い合せ
セキュリティポリシー
サイトマップ
 
動態管理システムのメリット
新システム導入のタイミング
トラック運送業の課題解決に
配車システムで悩みを解決
介護分野から注目の動態管理システム
車両管理システムで業務効率アップ
バス運行管理システムでより便利に
運輸管理システムで負担を軽減
マーケティングから考える配車システム
 

クオリテック株式会社
QualiTech,Inc. ( 略称: QTI )
東京本社
〒 101-0032
東京都千代田区岩本町2-10-9
手塚ビル3F
TEL:03-5829-6254
FAX:03-5829-6354


【グループ会社】
QTI International Inc.(韓国)
QualiTech China(中国)

動態管理システムのメリット

タクシーやバスなどの車両交通機関や、配送トラックなどに使用されている位置を、GPSで把握するシステム、それが動態管理システムです。動態管理を導入することによって、どのようなメリットが得られるのでしょうか?

会社・企業のメリット

⇒業務の効率化

社外で使用されている、営業車や商用車などの社用車の動きを動態管理することで、どのように活動しているのか、どのコースを使って回っているのかなどを、リアルタイムに把握することができます。
そうすることで、今まで見えていなかった効率の悪いポイントを修正し、より効率的な動きへと変えていくことができます。また、社外で作業中のスタッフの位置を把握しておくことで、急なクライアントからの要請に対しても迅速に対応ができるようになります。

⇒コストの削減と意識改革

ガソリン代などの社用車の運行コストは、業務の効率化を図ることで削減することが可能です。
より良い運行コースの選択はもちろん、常に動態管理されているという状態は、社用車を使用するスタッフの意識の改革にもつながります。また、出先での事故など何かトラブルが起きた場合にも、すぐにフォローすることができるので、遅延などのリスクを解消することも可能です。

個人・利用者のメリット

動態管理システムのメリット

⇒計画的に行動できる

送迎バスなどのバスは、道路状況などによって遅延が起きやすく、いつどこにいるのかを利用者が把握することが難しいです。しかし、車両動態管理システムを導入しているバスであれば、スマートフォンなどの携帯デバイスからアプリやサイトを使用して位置を把握することが可能になります。そのため、計画的に行動することができるのです。

⇒安心感を得られる

荷物の配送トラックへ、動態管理システムを導入している配送会社を選べば、自分の荷物が今どこにあるのかを把握することができます。また、エリアごとに反応をくれるシステムであれば、どのエリアに配送中かなども分かるため、安心して家で待つことができるのです。

クオリテックの動態管理システム「iHere(アイヒア)」は、GPSを利用して「私はここよ」と知らせることができるクラウドサービスになります。車両へ搭載するタイプではなく、スマートフォンや簡易GPS機器のデバイスを使用するため導入も簡単です。バスや人、物など、管理対象によってシリーズ化してご提供いたしております。動態管理システムの導入をお考えの際には、「iHere」をぜひご検討下さい。

様々なシーンで活躍するGPS

GPSを活用したサービスには様々なものがあり、クオリテックでも各種GPS動態管理システム(iHere-トラック・iHere-送迎バス・iHere-路線バス・iHere-観光バスなどのクラウドシステム)を提供しております。こちらでは様々なシーンで活躍するGPSについて紹介したいと思います。

GPSの基礎知識

GPSとは「Global Positioning System」の略で、人工衛星を利用し、対象の人や車両が地球上のどこに位置しているのかを正確に割り出すシステムのことです。元々はアメリカ軍が利用するために開発されましたが、現在では非軍事用途でも利用されています。

半導体技術の急激な進化に伴い、機器の小型化や低コストでの使用が可能になりました。それによりカーナビゲーションや携帯電話のみならず、位置情報を利用した様々なサービスが広く普及しています。

GPSは身近な存在

位置情報がすぐに把握できるGPSは、私たちのすぐ身近なところで活躍しています。主なものとしてスマートフォンの道案内アプリがあります。これまでは道に迷ったとしても、現在地が分からないと地図もあまり役に立ちませんでした。しかしGPS機能で現在地がすぐに分かり、そのまま道案内も可能なのです。また、お子様の防犯ブザーや盗難対策などの防犯面でもGPSは活躍しています。

GPSを利用した動態管理クラウドシステム

クオリテックでは、専用アプリ「iHere(アイヒア)-運転手」をお手持ちのスマートフォンにインストールして、あるいはスマートフォンがご用意できない場合は弊社がご提供する安価な簡易GPS端末をご利用していただき、車両搭載専用GPSの代わりにご利用頂ける動態管理サービスを提供しております。このサービスをクラウド化した動態管理クラウドサービス「iHere(アイヒア)」を利用することで、複数の人が同時に人や車両の位置を確認できるメリットがありますし、企業で本システムを導入することにより、車両ドライバーと管理側との連携もこれまで以上に円滑になるでしょう。

さらに発展した運行管理システムでは速度センサーから急減速・急加速と頻度を記録し、ドライバーごとの運転内容を評価することができます。企業内での安全運転指導の講習やサポートにもお役立て頂けるものと自負しております。

クオリテックでは企業の規模に応じた料金体系のため、小規模な事業者様から導入が可能です。費用のお見積もりはお気軽にお問い合わせ下さい。

 
     
 
トップページ
HOMEプロダクトサービス品質管理カスタマー会社概要Curl書籍お客様の声ケーススタディお問合せセキュリティポリシーサイトマップ
Copyright QualiTech,Inc. All rights reserved.